ちえちゃん俳句 (「日々是好猫」~その後)

干柿や気づかへる身のごとく納む

干柿や気づかへる身のごとく納む  推敲: 給ふ →納む
 干柿を家族にいただきました。スーパーの袋に入っているのを家族は少し
 置いていたので、カビらないようにあわてて干しました。
 袋に入っている状態を私は見た時、ちょうど身辺あわただしく自分や人の
 身の痛み(いたむ ので?) を感じ ました。   字余りなので、推敲中  
                               (写真のせられるかな?)


寒ければヒーター一灯のあたたかさ

 昨年は、ネットに「俳句を休まず1年」の年で今年に入りました。それでネット
 の接続の遅速 の関係で早起き が身についていましたが-。
 暖房機のヒーターが1200Wを使い続けて、電気代が大幅にあがってしまい
 ました。
 今年はと、なるべくあまり早く起きないように心がけ、ヒーターも最近安くある
 小さい「遠赤外線ヒーター」の300wを切り替え使っています。(^^ゞ
[PR]
by tuduki2300 | 2009-12-07 08:17
<< さざんくわやその散るときも美しう 虚子俳句の分類 >>



当初「日々是好猫」としていたものを改題。「日々是好俳句」で某掲示板での1年間の時々状況。 ~最終「ちえちゃん俳句」抜粋(別課金ブログあり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31