ちえちゃん俳句 (「日々是好猫」~その後)

斯うみえておだやかが好き柿の味

斯うみえておだやかが好き柿の味 

目の前に柿とミカンがあると、やはり柿を食べたいです。
柿の味覚は"おだやかな味"です。
(常はミカンもなぜかかかせないのですけど。。。)

ネットでは? 戦闘的に見えるらしい私、実は 日常は
いつも常なる状態が好きで、おだやか が好きです。(^_^)
こちらは、個性的な詠み方 でしょうか。


常々におだやかが好(よ)く柿の味

一句は、きわめて現代調にしましたが、これまでの伝統
から詠めばこのようになるでしょうか。 12/2
b0110061_1404535.jpg


霜月やミカンあれどもキネリ柿

この句は、芭蕉さんの句をマネて?ふまえています。(^^ゞ
芭蕉さんの句は、ご存知!?
  >水無月や 鯛はあれども 塩鯨
                 デスネ  コメントに12/8追記

[PR]
by tuduki2300 | 2009-11-28 14:00
<< 虚子俳句の分類 「ちえちゃん 俳句」のこと >>



当初「日々是好猫」としていたものを改題。「日々是好俳句」で某掲示板での1年間の時々状況。 ~最終「ちえちゃん俳句」抜粋(別課金ブログあり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30